日本言語学会第164回大会公開特別シンポジウム「言語脳科学が切り開く言語学の未来」のご報告

日時: 2022年6月19日(日)14:00-17:00
実施形態: オンライン開催(Zoom利用)

YouTube配信アーカイブはこちら(新しいタブが開きます)

言語脳科学が切り開く言語学の未来

近年の脳科学の急速な発展により、⾔語を⽀える脳のメカニズムの実態が明らかになりつつある。⾔語学においても、多様な⾔語を対象に理論・記述の両⾯で研究が進展したことで、徐々に⾔語の実像が解明されつつある。しかしながら、脳科学実験の⾔語学的な意味づけや、実験に基づく⾔語理論の構築・改訂など、⾔語学と脳科学が⽣産的な関係を築くための課題は多い。本シンポジウムでは、⾔語脳科学の研究成果を概観した上で、脳科学が⾔語学にどのように貢献した(しうる)のか、今後の課題は何かについて議論を⾏う。さらに、⾔語学者と脳科学者の双⽅が、互いの分野に求めることについて議論することで、⾔語学と脳科学が協⼒して⾔語の研究を進める可能性についても検討する。(本公開特別シンポジウムは言語系学会連合と日本言語学会の共同開催です)

Neuroscience of Language Opening the Way to the Future of Linguistics

With the rapid development of neuroscience in recent years, the brain mechanisms underlying language are becoming more apparent. In linguistics, progress has been made in theoretical and descriptive research on diverse languages, and the nature of language is gradually being elucidated. However, many issues need to be addressed to establish a productive relationship between linguistics and neuroscience, such as the linguistic implications of neuroscience experiments and the construction and revision of linguistic theories based on these experiments. In this symposium, after reviewing the recent progress in the neuroscience of language, we will discuss how neuroscience has contributed (or could contribute) to linguistics and what the future challenges are. Furthermore, by discussing what both linguists and neuroscientists want from each other’s fields, the symposium will also examine the possibilities for linguistics and neuroscience to collaboratively design experiments in the study of language. (This symposium is co-organized with the United Associations of Language Studies)

企画者

  • 太田 真理(九州大学大学院人文科学研究院)

登壇者

  • 酒井邦嘉(東京⼤学⼤学院総合⽂化研究科)「脳科学と言語学の共同研究について考える」 / Kuniyoshi L. Sakai (The University of Tokyo) On the joint research of brain science and linguistics
  • 梅島奎⽴(東京⼤学⼤学院総合⽂化研究科)「言語の獲得において多言語話者で増進した脳活動:MRI装置を用いた実証研究」 / Keita Umejima (The University of Tokyo) Enhances brain activations for multilinguals while acquiring a new language: An MRI study
  • 中村⼀創(東京⼤学⼤学院⼈⽂社会系研究科・日本学術振興会)「理論言語学者から見た言語脳科学」 / Isso Nakamura (The University of Tokyo, JSPS) Neurolinguistics from the viewpoint of a theoretical linguist
  • 太⽥真理(九州⼤学⼤学院⼈⽂科学研究院)「言語学と脳科学の共同研究には何が足りないか?」 / Shinri Ohta (Kyushu University) What is the missing link between linguistics and neuroscience?

 

会員学会リンク

MEMBERS

言語系研究機関リンク

RESEARCH INSTITUTION

バナーを表示
  • 国立国語研究所
  • 日本学術会議
PAGE TOP